2002.08.10


8月には毎年楽しみにしている花火大会があります。
都内では最大級の「東京湾大華火祭」です。2002年の開催日は8月10日(土)。
打ち上げ合計は12000発ですが、
尺玉(10号)100発、尺5寸玉(15号)10発と大きな花火までガンガン上がります。
午後7時〜8時20分の1時間20分間で12000発なのでかなりの密度です。

打ち上げ花火数
2.5号玉
(7.5p)
3号玉
(9p)
4号玉
(12p)
5号玉
(15p)
7号玉
(21p)
10号玉
(30p)
15号玉
(45p)
合 計
5,560 3,060 2,110 920 240 100 10 12,000発


この花火は迫力もあるし、演出も素晴らしいのでかなりオススメです。
しかし場所取りが結構大変。
何年か下見を繰り返した結果?(笑) 絶好のポジションも調べてあります。

しか〜〜し、今年はちょっとだけ贅沢に船の上から鑑賞してみました。
ホントは風流に屋形船といきたいところだけど、
この時期の屋形船って結構お高い。
それに花火が中止になってもお料理の関係でキャンセルできないこともあるらしい・・・・・
それだとリスクも大きいしと迷っていたところ、
つり船仕立ての乗合い花火鑑賞船を発見!
しかもお値段も1人5000円となんとか圏内?(笑)
結構人気で6月はじめに発売されるとあっという間にいっぱいになったようです。
私は早い時期からチェックしていたので、無事に予約はできました。
30人くらいの人数を集められるのなら、貸切船もかなりお得です。
花火当日。集合は17時30分。18時羽田沖の船着場から出港です。
船はつり船なので決して豪華とはいえません。
しかしそこそこ大きな船なのでなかなか快適です。
船が出港すると太陽がこんな感じで見えました。


01.JPG 04.JPG
出港間近の太陽 海の様子


今日は風がちょっとあるので波もちょっと高めかな?
でも船からの眺めはとてもよかったです。

羽田空港のすぐ近くを通っていくので、
上空をかなりの至近距離で飛行機が離陸していきます。
いやぁ〜これはなかなかの感動ものでしたねぇ〜。
船の真上を飛行機が離陸していくと、
ちょうど飛行機のお腹を下から眺める感じになります。
あんなに近くであんな角度で飛行機を見る機会ってそうそうないですねぇ〜。
しかしあっという間の出来事で写真を取る暇がなかった。(笑)
これはちょっと違う角度で取った飛行機の写真です。

02.JPG 03.JPG
羽田空港から離陸した飛行機



さらに船の上から眺めるサンセットも素晴らしかった。
羽田空港のバックがサンセットで、
そこに飛行機が着陸してくる時はとてもいい絵になっていた。

05.JPG
サンセット手前は羽田空港
06.JPG 07.JPG
サンセットの中に着陸する飛行機 サンセットの中を飛ぶ飛行機



さらに進むとお台場が見えてきた。海から眺めるお台場の夜景はまた格別に美しい!
しかし写真はぜんぜん撮れていない。(笑)
揺れてる船の上からの夜景モードはかなり難しい。
もうブレブレの写真ばかりでお見せできるようなものはないのですが・・・・
一応雰囲気だけ。(笑)

08.JPG 10.JPG
お台場フジテレビあたり 浜松町方面


レインボーブリッジをくぐり晴海沖に向かいます。
下からレインボーブリッジを見たのは初めてだけどとても美しい!

09.JPG
レインボーブリッジ


レインボーブリッジをくぐるとそこにはたくさん船がいた。
屋形船はもちろん、クルーザーなんかもかなりの数で花火渋滞?(笑)
そんな船がひしめく中をすり抜け、私たちの船頭さんはどんどん進む。
そしてベストポジションへ進む進む。
花火の打ち上げ現場から100mも離れていないところまで接近しました。
もちろんこの船が最前列です。
そこにイカリをおろした途端にドドドドどぉ〜〜〜ん!
絶好のタイミングで花火が始まりました。
いやぁ〜すごい迫力ですねぇ〜。こんなに間近でみる花火は「もう凄い!」の一言です。
打ち上げ現場のまん前に陣取っているので、さえぎるものは何もない。
それは素晴らしい見晴らしと迫力です。
あまりの近さに尺玉なんかがあがると、仰け反るくらいに上を見ないとみれませ〜〜ん!
首が痛くなるくらいの角度です。(笑)
いやぁ〜贅沢な花火鑑賞ですねぇ〜。
後ろにはレインボーブリッジ、360度美しい夜景に囲まれて、
目の前に上がる花火を鑑賞する。
これほど贅沢な時間はなかなか味わえません。

尺玉の連続なんてお腹にどど〜〜んと響き渡る音と共にもう迫力満点!
しかもまるで自分に花火が降り注いでくるような感じです。
いやぁ〜美しい!

花火の写真も何枚か撮ってみました。
しかしフラッシュを消しての手持ちではもうブレブレ。
しかも船は微妙に揺れているんですねぇ〜。(笑) 
シャッタースピードの調整ができない私のデジカメではかなり無理があるのですが・・・
一応、至近距離だという証拠の写真ということでご勘弁を。(笑)

11.JPG 12.JPG



1時間20分の夢のような時間が過ぎてしまいました。
晴海沖は波も静かで船の上は涼しくて快適でした。
さてこれから帰路につきます。
しか〜し!これからがちょっと大変だった・・・・。
行きはヨイヨイ帰りはコワイ〜〜〜♪?で・・・向かい風の中を船が進むのですよ。
いやぁ〜何かのアトラクション?ってくらい潮をかぶります。(笑)
あまりにも凄いから、船室に入ったけど・・・
ここは妙な揺れで風も入らないからちょっとヤバイ感じ。
気持ち悪くなりそうだったのでやっぱり外にでたけど・・・・
ザバァ〜ン!見事な波しぶきの猛襲!(笑)
いやぁ〜参りましたねぇ〜。でもなかなか楽しいですねぇ〜。
お金を払ってもこんなアトラクションはなかなか味わえません。
とでも思えばなかなか楽しい旅路です。(笑)
上下に大きく揺れることもたまにあるけど、揺れよりも波しぶきが凄い!
それでもみんな悲鳴をあげながら、必死に耐えている感じ?でした。(笑)
私たちはいうと、操縦席の前のくぼみ?に入り込んで、レジャシートで前面をガード!
この光景があまりに面白いらしくみんなが笑っていた。(笑)
笑われたってなんだってこれなら濡れないもんねぇ〜
ってことでその体制で20分くらいかなぁ〜
やっと風がない場所まで進み、あとは普通に外にいても濡れることはなかったです。
しかし20分くらいの間はなかなか大変な道のりでしたね。(笑)
この日は風が強い日にあたったのでこんな結果に終わりましたが・・・・
お天気は運次第ですからねぇ〜、なかなか難しい問題です。

船の上からの花火鑑賞はかなりおすすめです。
もうこれ以上の場所はないと思われます。
陸から見るには混雑は必須ですからね・・・・
船から眺める羽田空港やお台場の景色もそれはそれは見事です。
しかし風が強いと行きや帰りにかなりのスリルを味わうこともある訳で・・・・
しかしこれも考え方次第でありまして、
絶好のポジションからの花火鑑賞&夜景&スリル満点の波しぶき?
1粒で3度美味しいって感じでしょうか?(笑)
それも含めてアトラクションだと思って楽しめる人にはおすすめプランでしょう!(笑)





女の子お絵かき掲示板ナスカiPhone修理池袋 ブラジリアンワックス